青汁+みかん

青汁+みかん

冬の時期でフルーツが手に入りにくい場合、青汁にみかんを入れてみるのはどうでしょうか?
箱買いする家庭も多いと思いますので、青汁にも大量に入れることができます。

 

青汁にみかんを入れる際には、皮の部分についている筋も一緒に投入しましょう。
筋はペクチンと呼ばれる食物繊維が多く、便秘解消効果があります。
袋や房の部分にこのペクチンが多いため、丸ごとミキサーで混ぜ合わせたほうが栄養が高まります。

 

どろっとした食感が苦手な方や、食物繊維はそれほど必要ない場合はジューサーでの手作り青汁が便利です。
みかんにはビタミンC、クエン酸、βクリプトキサンチンなどの栄養も含まれます。
βクリプトキサンチンとはオレンジ色の色素のことです。

 

とくに温州みかんに多く含まれており、多彩な健康効果があると注目を浴びている成分です。
美肌効果、免疫力を高める効果、骨粗しょう症予防、糖尿病の予防などに使うことができます。
がん予防にもあるとされています。

 

青汁にたくさんのみかんを使用したら、皮が大量に余ります。
一度乾燥させたものを粉末状にすれば胃の健康を守る漢方薬代わりになります。
干したものをお風呂に入れても、ミカンの皮に含まれるオイルで保湿や体を温める効果が得られます。